アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「祈り」のブログ記事

みんなの「祈り」ブログ

タイトル 日 時
祈り
 秋祭りが無事に終わりますように。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/08 00:00
風が強い
 空は薄い雲の間から星が少し見えますが、風が強くて不安です。これ以上の災害がないように祈ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/16 02:46
マザー・テレサの愛した祈り
憎しみのあるところに愛を 罪のあるところにゆるしを 争いのあるところに一致を 誤りのあるところに真理を 疑いのあるところに信仰を 絶望のあるところに希望を 闇のあるところに光を 悲しみのあるところには喜びを 慰められるよりも慰めることを 理解されるよりも理解することを 愛されるよりは愛することを ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/15 13:14
津波が来ないように祈りましょう
 津波が来ないように祈りましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/11 15:26
空の花々
私の心よ、静かであれ。これらの大きな樹は祈りなのだ。 雲は天の片隅でつつましかった。すると朝が来て、その雲に光の冠をかぶらせた。 黒雲は、光がそれにさはると、空の花々となって咲く。 小石を美しく丸くするのは、鎚の打撃ではなしに水の踊りである。 私は悲しみと絶望と死の味を知つた。そして私は、この大きな世界の中に存在することがうれしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/08 16:40
いのり
 昨日かわいいひな人形が欲しいなと思って立ち寄った画廊で、素朴でさわやかな木彫りの人形達を見つけました。あらいみえこ(新井三重子)さんという木彫作家の方の小さなお人形。桜や桃やこぶしやりんごの花の上に乗った一対のおひな様が欲しいなと思ってどれにしようかとじーっと悩んでいると、別においのりをしているお人形が。今の私の気持ちにぴったりで何だか私の守り神になってくれそうだったので、桃の花の上で手を合わせているお人形を選ぶことにしました。 http://blog.gangukan.jp/?eid=69... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/10 18:58
言葉の贈り物
 インターネットでお知り合いになった方から、次のような言葉の贈り物をいただきました。とても素晴らしい言葉だと思いますので、皆さんにも紹介したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/09 11:40
幸せになってくれることを祈る
 夕食を食べた後、友人と電話で話していた。今日は何だかすごく話したいことがあったらしく、長い話を聞きながら少し疲れてきて、また少し強い口調で意見を言ってしまった。けれど、昔付き合っていた彼女と元彼女との思い出を聞いているうちに涙が出てきてしまった。  何人もの女の人と付き合ってきた彼だが、30代の頃に付き合っていた女の子のことが一番忘れられないらしく、私は何度も何度もその子のことを聞かされて、そして何度か泣いてしまった。自分に自信を持てない限り、最初から終わりを設定した期間限定の恋をしな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/05 23:46
夢とはいのち
 ふとかつての私達に戻れそうな気がしてしまうのだが、やはり今は寒い耐える日々であることを思い知る。キリスト教では、2月はキリスト生誕のクリスマスと復活祭との間の厳しいゲッセマネの祈りの月だという。 http://quo-vadis.seesaa.net/article/51908627.html ←Quo Vadis(クオ・ワディス) イメージの奔流 http://www.asahi-net.or.jp/~RV3M-STU/pic611.htm ←オリーブ山のゲッセマネの園の祈り  あの日... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/07 08:19
傷つく権利
 友人と電話が繋がらなかったのは、新しい携帯に換えた友人が登録の時に私の電話番号を入力し間違えていたらしいということがわかった。上手くいかない時はえてしてこんなものだ。けれど、友人の元気のない声を聴いていると、私は心配で心配で仕方がなくなってしまう。自分自身が一度地獄に落ちたことがあるだけに、私はスキマの怖さを知り尽くしているのだから。私は自分自身の子どもはいないけれど、聖母マリアのような気持ちでいつも身近な人達を見守っているつもりなのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/05 15:41
これでいいのだ。
 おととい私は、自閉症の澤田真一さんの周囲の人を批判する記事を書いたけれど、 http://magnoria.at.webry.info/200709/article_19.html あれからずっと心の中で考えていて、これでいいのだ、と思えた。澤田さんにとってただ一心にトゲのある作品を作ることは、かつて私が英語の勉強を頑張ったことと同じなのだと思う。私が英語を勉強していたのは、それが好きだったというよりも、それしかできなかったから、それしかすることがなかったからだ。英語の授業はきちんと単語を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/10 07:51
信ずる者は救われる
 親鸞の教えは、ただひたすら仏を信じ念仏することによって救われるという絶対他力の教えである。私は親鸞の「歎異抄」も「教行信証」も読んだことはないが、親鸞が言いたかったことがなんだか分かるような気がするのだ。最初、高校の時に教科書で「ただひたすら念仏すれば救われる」と書いてあるのを読んで、念仏するだけで救われるなんてことあるわけないじゃないか、そんな虫のいい話があるのかと思っていた。でも今の私は、人間は本当に追いつめられて苦しんでいる時には祈ることしかできないということだってあるのだと思う。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/08/02 11:20
このブログは祈りなのだ
 私のこのブログは一つの記事で平均読者数が20人くらい。どなたが読んでくださっているかもはっきりはわからない。時々このブログはどれだけ意味があるのだろう、自己満足ではないかなと思うこともある。でもこのブログは、私が自分のために、「自分に言う言葉」「自分を省みる言葉」として書いていることに意味がある。そしてある時は、ある特定の誰かを念頭に置いて書いていることもあって、その場合は本当に私の言葉がその人の胸に届いているかも確認するすべはないし、あいまいなままにしておく方が良いこともある。でもきっと、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/31 19:09
祈り
 祈りとは何か、ということを考え直していたのだが、祈りとは今この瞬間に集中すること、つまり自分が自分で良いと許されている感覚ではないかと思う。人は自分の真実の姿をなかなか受け入れられない。人と上手くやっていけない時、自分が悪いのではなく、相手が悪いのであって、そのままの自分を受け入れてくれる人や場所がどこか別のところにあるのではないかと思ってしまう。たしかに自分だけが悪いのではない。しかし、他人だけが悪いのでもない。どんなに今の自分が惨めな姿であっても、そういう自分を受け入れて、一から始めるしか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/22 10:26
抵抗のない女のコ
 私は発達障害のためつい数年前までほとんど話らしい話ができなかった。それゆえ友人らしい友人もいなかったわけだが、それでもだいたいその時々に一緒にいてくれる友人はいた。口のほとんど利けない私とどうして一緒にいてくれたのか今思うと不思議なのだが、みんな私と一緒にいると魂の安らぎを感じられるらしかった。昔付き合っていた彼は時々呼吸困難になる持病がありいつも吸入器を持ち歩いていたが「おまえといるときは安心しているの」と言っていたし、アパートの上の階の住人で宗教活動をしていた人と話をした時に私といると「心... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/20 12:34
「祈り」とは無心に何かに打ち込むこと
 私は、「祈りとは無心に何かに打ち込むこと」ではないかと思った。その「何か」は何でもいいのであって、スポーツでも、芸術でも、学問でも、世俗的な仕事でも、遊びでも何でもいいのだと思う。だから、子ども達には人間関係に悩むようになる前に無心で友達と遊んで欲しいし、若者達にはスポーツや勉強など何でもいいから一生懸命打ち込んで欲しい。主婦は家事をきちんとすることが大事だし、子育てから逃げないで欲しいと思う。子どもは友達と無心に遊んでいる時に、なぜ遊ばなくてはならないのだろうとは思わないはずだ。愉しいから遊... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/23 16:28
祈りの空間でした。
今日、アクティ浜松で行われたPrayerのコンサートに行ってきました。 http://prayer.ptu.jp/ このコンサートホールの音響はとても素晴らしく、Prayerの皆さんの歌声もピアノもアルトサックスもパーカッションもホール全体により美しく力強く響いていました。薄暗い空間の中に前方にパイプオルガンが輝いて浮かびあがり、ホールの中は祈りの空間となっていました。今はたとえ小さな希望の光だったとしても、Prayerの皆さんの歌声が一人でも多くの方の胸に届くように、そう願っています。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 22:28
心の平和とは
何かに没頭している時、私達は生の充実感を感じます。彫刻家・高田博厚は、ロマン・ロランに「きみは指で考えるのだな」と言われたそうです。それは、中世の職人の仕事が祈りでもあったことに通じると思います。写経など、何かに精神を集中することが、心の平和に繋がるのでしょう。ふと思ったのですが、「禅」の意味もそういうことかもしれません。今まで、禅によって魂の平安が得られるのかと疑問に思っていたのですが、禅が祈りでもあるならば理解できないこともないと思いました。でも、ただ座禅し、祈るだけではダメなのではない... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/09/06 15:58

トップへ | みんなの「祈り」ブログ

magnoria 祈りのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる